にわか者のチラシ裏

好きなことを忘れないために

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルドノア・ゼロ

アルドノアゼロ
"宣戦を布告する"

監督:あおきえい(Fate/Zero)
ストーリー原案:虚淵 玄(うろぶち げん)(Fate/Zero 翠星のガルガンティア)
シリーズ構成:高山カツヒコ(バカとテストと召喚獣)
アニメーション制作:A-1 Pictures
第1期オープニングテーマ「heavenly blue」
作詞・作曲・編曲:梶浦由記 / 歌:Kalafina
第1期エンディングテーマ「A/Z」「aLIEz」
作詞・作曲・編曲:澤野弘之 / 歌:SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki
<ストーリーの背景>
1972年アポロ計画により月面着陸した人類が発見したのは
月と火星をつなぐ古代文明の遺産「ハイパーゲート」、
その先には火星文明のテクノロジー「アルノイド」
火星文明の技術を手に入れた調査団の団長、
レイレガリア博士は技術独占のため1985年「ヴァース帝国 」を建国
そしてその息子ギルゼリアが地球へ宣戦布告
だが突然「パイパーゲート」が暴走、月が砕ける大惨事に発展した。
またギルゼリアの戦死により地球火星両者は休戦を決定。
そして時は流れ、アニメの舞台である2014年へ。。。

この作品は二人の人物視点で描かれる。
一人は火星サイド「スレイン・トロイヤード」通称:屈折王子
火星の姫君「アセイラム」姫に絶対の忠誠を誓っている。
火星人ではなく、"地球人"
もう一人は地球サイド「界塚 伊奈帆(かいづか いなほ)」
両親を亡くし姉と二人暮らしの高校生。
学力・軍事教練共に主席を修め、冷静で状況判断に長ける。
表情は豊かではないが、内面は情緒豊かな気がする。

戦いはアルノイドの技術を持つ火星が非常に有利に進められる。
なぜなら火星の機体はどれも秀でた能力を持っているからだ。
対する地球は工業的なロボット(カタクラフト)と現存兵器のみ。
圧倒的不利な状況をどうやって乗り切るのかがこのアニメの
大きな特徴と言えるだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://spacepotato.blog.fc2.com/tb.php/3-96e332b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。